banner

会社の無料相談とは

会社設立の代行を手掛ける会社の無料相談とは

会社設立を代行してくれる会社が有ります。
会社設立を行う人と言うのは、個人事業主の人やサラリーマンなどの人が独立をして会社を起業させようと言う人、そして既に会社経営を行っているけれども、別の事業を手掛けるため、別会社の設立を行う人など様々です。

しかし、大半の場合が会社設立は初めと言うケースが多いもので、会社設立の手順や申請書類の作成、そして定款の定め方などについて苦労を強いられることになるのです。

最近は、スムーズに会社設立が出来るようにとサポートしてくれる代行会社が有り、無料相談などを実施しています。
無料相談と言うのは、会社設立におけるアドバイスであり、実際に設立の準備を始める場合は有料になるのが特徴です。/解らない事を無料相談を利用して後は自ら行うと言う事も可能なのですが、会社と言うのは設立を行う段階よりも経営を行う事の方が大変であり、これのサポートについても可能にしているのが代行会社の特徴なのです。

定款を定めるためのアドバイスや会社の登記申請書類の作成や申請の代行と言うのは司法書士が行う事になるのが特徴です。

会社設立における司法書士の役割は大きく、全ての業務を代行して貰う事も出来るのです。

但し、会社の商号を決めたり、事業目的を定める事などは設立をする本人が行う必要が有ります。

尚、会社を作る時には定款と呼ばれる書類を作成する事になるのですが、定款には絶対的記載事項と相対的記載事項、任意的記載事項と呼ばれる3つの事項で構成されており、絶対的記載事項については必ず定める必要が有るのです。

また、相対的記載事項などの中で定めておくことで、後々の紛争などのトラブルを回避できるなど、定款を上手に定める事で後の会社経営が楽になるわけです。

代行を手掛ける会社と言うのは司法書士の事務所の場合が多いのですが、司法書士には税理士や社会保険労務士、弁護士、フィナンシャルプランナーなどの資格を持つ仲間がいるのが特徴であり、代行を手掛けると同時に、会社経営を行う中での税務相談などは税理士が担当をすることが出来ますし、会社組織の中での顧問税理士と言う役割になることも可能になるのです。

弁護士などについても、会社の顧問弁護士として役割を担う事も可能になるわけです。

尚、会社を法務局の登記所で会社の登記を済ますと、税務署や社会保険事務所などに対して設立届けを提出しなければなりません。
これらの手続きについても代行をしてくれると言う特徴を持っているのです。

Copyright(c)2014 会社設立を登記方法、簡単な依頼方法から考えて実践するAll Rights Reserved.