banner

会社設立には役員数

会社設立には役員数を明確にする。

会社設立にあたっては、決めて行かなくてはならない重要事項が数多くあります。
設立しようとする会社の規模が大きいほど、それらの項目は増え、必要となってくるものや種類も多くなります。

株式会社にするのか、合資会社にするのかなどを決めましょう。それによって、必要な人員も決まってきます。

株式会社の場合は、発起人が最低1名以上必要になってきますよ。

また、事業目的を明確にしましょう。

どのような業種に分類できるのか、提供するサービスは何か、また、それらをどういった目的で提供するのかを、しっかりと決めて行かなくてはなりません。

こういった基本的なことは、法務局提出する書類に記載する必要があるため、重要事項に漏れのないように、しっかりと正しく記載していくことが重要です。さらに、役員数も決めましょう。役員数をきめたら、さらに役員報酬も決定しなくてはなりません。

また、決算の月や、従業員の給与や雇用する人数なども欠かせない項目です。

ゼロから求人を出して募集する場合は、会社設立後の業務スタートの日に間に合うように、余裕をもって求人広告を出すようにしましょう。

ある程度のパソコンスキルや、実績のある方を採用すれば、なにもかも指導しなくてはいけないということがなく、効率よく業務を進めることができます。

会社設立のための登記の手続と並行して行いたいのが、オフィス内の環境を整えて行く作業です。

当然のことながらデスクが必要ですし、それに付随して数多くの備品も必要になってきますよね。

備品は文房具や消耗品です。細々としているので、購入し忘れてしまうことが多々あります。また、業者などからまとめて購入することで、お得に済ませることができるので、業者のカタログなどを取り寄せて、必要なものを一気に購入してしまいましょう。

会社設立のために、書類などを法務局に提出しますが、審査に平均して1〜2週間を要します。この期間も有効に活用し、その間にさらに必要なものを揃えて行くようにしましょう。

電話回線などの工事は早めに申し込んでおかないと、間際での申込みだと、業務開始日に予約が取れないことがあります。

このように、会社設立にあたっては、やらなくてはいけないことが数多くあります。

どれも初めて耳にする用語であったり、初めて目にする書類なので、戸惑うこともあるかもしれませんが、専門家のアドバイスに従って行えば、不備なくスムーズに行えるでしょう。

Copyright(c)2014 会社設立を登記方法、簡単な依頼方法から考えて実践するAll Rights Reserved.