banner

設立のポイント

会社設立と設立のポイント

最近では株式会社設立を考える人が増えてきましたが、安く会社設立をしたいならば、合同会社という形態も検討してみると良いでしょう。まず、株式会社設立には、法定費用が20万円必要となってきます。しかし、合同会社なら法定費用が6万円となっており、設立後の税金面などは株式会社と同じです。

また、手続きについては株式会社設立よりも簡単ですし、小さな会社なら費用が安い合同会社設立もオススメなのです。会社設立のためには、公証役場という役所で定款の認証手続きをした後に、法務局という役所で登記申請手続きを行うことになるのですが、どちらも基本的に書類を提出すれば完了となります。

また、登記申請手続きは郵送でも受け付けているため、近くに役所がない場合でも簡単に提出することができるでしょう。まず、定款認証の手続きについてですが、定款とは定款サンプルのようなものであり、会社名や所在地など会社の基本原則が書かれています。

会社の憲法と言うこともでき、公証役場では作成した定款が法的に問題ないかどうかをチェックしていきます。次に登記申請の手続きについてですが、これは子供が生まれたら出生届を提出して戸籍に入れるのと同じようなものです。法人の場合は法務局に登記申請書という書類を提出し、登記することにより会社を設立することができます。

この時に登記申請書に認証した定款を添付して提出することになるのですが、登記は約1週間で完了するようになっています。ちなみに、法務局に登記申請書を提出した日が設立の日となることを覚えておくと良いでしょう。法務局は法人にとって市役所にあたるところとなっており、法人の印鑑証明書や全部履歴事項証明などを発行しているため、設立した後もいろいろと利用することがあります。たとえば、法人名義の銀行口座を作りたいという場合、全部履歴事項証明が必要となってきます。

定款と登記申請書のサンプルについては、インターネットで調べることができます。定款は法律のようで難しく、登記申請書はシンプルで簡単な書類に見えるかもしれませんが、実は登記申請書を作成する方が難しいとされています。

それは定款の場合はさまざまなところにサンプルがあるためであり、それを参考にして作れば法的に問題のないものが完成しますい、もちろん認証も通ります。

しかし、登記申請書は定款の内容によって左右されるようになっており、作成した定款に対応した登記書類を作成する必要があるのです。

Copyright(c)2014 会社設立を登記方法、簡単な依頼方法から考えて実践するAll Rights Reserved.