banner

専門的なサービス

会社設立時の組織変更に関する専門的なサービス

会社設立を行った際には、この組織を変更することができます。このようなケースは事業の収益性の増加に伴い、事業規模が大きくなってきた際に頻繁に行われるもので、会社の組織形態の変更が、より効率の良い経営になる事があるのです。

会社設立から一定の期間を経過して組織の形態を変更する際には、登記を変更する事が必要になります。これは公的な機関に変更のための書面を提出する事に加え、定款などを新たに作成し、社員の同意書などを添えることが必要になるものです。

また、会社設立後に組織形態の変更を行う上では、債権者への連絡や各種の手続きに加え、登記の申請を一定の期間内に行う事も必要です。この期間内に新たな書類の作成や債権者への連絡を済ませることで、新たな組織をつくる事ができます。

この組織形態の変更においては、事前に入念な計画を定め、その計画を書面で定め提示する必要があります。これは組織の形態を変更する場合に、基本的な変更の目的を定める事を記載する事が必要になるもので、発行する株式の数などを事前に明記したり、新たに会社設立を行う際に定款を作成し、この定款で定義する事項なども明確に定める必要があります。

この定款では取締役を任命して記載する事に加え、会計参与や監査役の所在も明らかにすることが必要です。また、会社設立においては、会計監査人の任命も必要で、社員が組織変更に際して取得する株式の総数や種類、その算出方法なども細かく銘記することが必要になるのです。

この組織の形態を変更するケースでは、個々の従業員に金銭を交付するケースもありますが、この場合には詳細な内訳や金銭の配分についても記載が必要になるために、多くの条件を満たした書類を作成する必要があります。

そして、この組織変更の手続に必要な書類としては定款があり、書式は予め決められたものが必要になります。

この組織の形態の変更のための定款作成では、変更後の定款は計画と呼応したものである必要があり、新たな事業を推進する上で妥当性のある定款の作成が必要になります。また、新たに組織を変更する際の手続では、計画書の作成において専門的な知識が多く必要になることから、この定款や計画書の作成を専門的な観点から支援してもらう事も大切です。

このような会社設立における組織変更に特化したサービスを利用する事で、円滑に組織の変更手続きを完了させ、問題なく新たな組織を形成する事が出来るようになります。

Copyright(c)2014 会社設立を登記方法、簡単な依頼方法から考えて実践するAll Rights Reserved.