banner

会社設立と融資制度

会社設立と融資制度について

企業の行う事業というものには、基本的には大きなお金がかかります。大きな投資をしてそれを営業努力で大きなリターンに変えていくのが企業の基本的な形です。

ハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンとはよく聞く言葉ですが、企業の戦略においてもそれは同じことがいえるのです。ですから、大企業であっても無借金経営を行っている会社というものはほとんどなく、たいていの場合は銀行などの金融機関から借り入れを行い、それを元手に投資を行って事業拡大を狙っているのです。

会社設立直後の会社であっても、それは同じです。なによりも元手がありませんから、会社設立後にはほぼ必ずと言ってよいほど銀行のお世話になるのではないでしょうか。

融資を受けることができるのは銀行だけではなく政府系金融機関、つまり日本政策金融公庫のような金融機関でも大丈夫です。そこの窓口に相談に行くと、さまざまな融資制度を紹介してくれますのでみなさんの経営に関する相談も含めて、心強い味方になってくれるでしょう。

基本的には会社設立直後の企業に対してが、銀行はリスクが高いのであまり積極的に融資をおこなってくれません。

しかしながら、信用保証協会の融資制度を利用することで、会社設立直後の会社でも融資を受けてくれることでしょう。信用保証協会ではさまざまな融資制度を取り扱っていますが、その中に開業資金としての貸し出しを行うものがあります。これを利用することで、会社設立当初の資金繰りが厳しい状態を少し緩和することができるでしょう。

製造業などの場合は原材料の購入費用も掛かります。それらを賄うためには、やはりこれらの融資を利用して少しでも手元に現預金を残しつつ、行っていく必要があるのではないでしょうか。

お金の問題が解決したのであれば、次はやはり営業活動です。せっかく作った商品も、売れなければ宝の持ち腐れになってしまいます。できれば大きな取引先を見つけて、長いお付き合いができるようにしていきたいところです。

おそらくこの営業活動が最も苦労するところなのではないでしょうか。最近では社会全体の不況もあり、なかなか新しい取引を始めようと考えている企業は少ないものです。そこに割って入らなければならないわけですから、門前払いを受けることも多々あるでしょう。地道に精力的に営業活動を行っていくことが重要なのです。会社設立後は特に、人脈を広げるためにもたくさんの方と会うようにしましょう。

Copyright(c)2014 会社設立を登記方法、簡単な依頼方法から考えて実践するAll Rights Reserved.